今月はコラムを少しお休みして、取材づくしの1ヵ月でした。

取材しては→文字起こしの繰り返しで、ボイスレコーダーを相棒に9月を駆け抜けました。

取材は、書き手の自分ではなく、話してくださる方の言葉をまとめるという点でコラムとは少し違う気がします。

・記事にするために綴る文字列ではない「話言葉」を再構成する
・対面では理解できる会話の流れを文にしても伝わるようにする
・話し手の方のニュアンスを伝える

上記のような点を気を付けて、まとめています。

さて。なぜ今月はこんなに取材月間になったかと言いますと、実は弊社の事例記事作成の為にご協力いただく取材数本以外に、クライアント企業様からご依頼された「取材代行」に行っていたのです。

99278d2c5d50c93936d7e5d39f4e5560eedaf5f5

クライアント様の代わりに、サービスの使用感や導入経緯などをお伺いし、記事にまとめるという責任重大のお仕事。

身が引き締まる思いで、代行させていただきました。
(オムニアテンドを導入いただいた企業様限定でご相談の上のサービスとなります)

取材自体は本数を重ねておりますが、「代行」となると自分の意志だけの行動では足りない気がします。

「もしクライアント様がこの場にいたら何を聞きたいだろう?」
「こう質問したらもっと引き出せるのでは?」

いつも以上に考えながらの取材となりましたし、ヒアリング力が磨かれる良い機会となりました。

(また、取材先は普段弊社では接することがない業界ということもあり、知見が広がる機会でもありました。)

D2922778bfe9fdc82a6ee2e64e3d49677a3bd11a

またライティングについても向き合うこととなります。

こうして文章を書くようになってからずっと「ライティング」は意識せざるを得ない分野となっておりますが、取材や、ましてや代行となりますと、より一層強く意識することになりました。

「文章にしたときに、この言い回しで伝わるのか?」
「初めて聞いた人がわかりやすいのはどっちか?」

そんなことを常々自分に問いました。

今回のように「自身ではない立場に立って、文章を構成する」ことで、
普段意識しない視点から文章を見ますし、想像力も必要でした。

無事にお客様からご満足いただけた時の安堵感はひとしおです。

取材代行は、大きなプレッシャーはありましたが、大変勉強になりました。

D02103fb59e8544510bca3b5e445102d72625069

ライティングを始めてしばらく経ちますが、常日頃「どうしたらライティング力を伸ばせるか」というのが課題となっています。

今回ふいに挑戦することとなった取材代行ですが、この経験を通じて「力を伸ばすには経験することが必要である」ということに気が付きました。初歩的なことかもしれませんが、長くやっていることほど「何かウルトラCの方法があるのでは?」とテクニック頼りになってしまいがちです。

これからオウンドメディアが浸透するに伴って、ライティング業務に初めて挑戦するという方も出てくるかと思います。

そんな方は是非、何事もトライして経験していただきたいと思います。

今回沢山の取材を経験したことで、相手のお話を引き出すヒアリングと、ルーティーンでは伸ばせなかったライティングについて大変勉強になりました。

経験することで、皆様に提供できることや、コンテンツが増えることを楽しみに来月からも駆け抜けていきたいと思います。

今回携わっていただきました、多くの取材先の皆様ありがとうございました。

■一緒にオウンドメディアを始めませんか?→オムニアテンド