オウンドメディアの理想的な運用とは?

さて、晴れて自社でオウンドメディアを開設することとなり、担当となったらその後どのように運用していくのが理想なのでしょうか。
既に<始め方編><使い方編>でも触れていますが、ポイントとしては3つあります。

①目的に沿ったPDCAサイクルの維持
メディアのコンテンツを一定量発信したら、その効果測定から改善をします。狙った新規顧客の問い合わせに繋がっているか?数字からの分析で、どんなコンテンツが強みで、どんなアプローチが良いか改善します。計画的で定期的な運用を維持できる体制が理想です。

②他のメディアと組み合わせて効果を最大化
ある程度オウンドメディアが形になったら、ペイドメディアに広告費を投入し露出を増やし流入を増やすのも良いでしょう。その上、ソーシャルメディアなどでファン化や拡散が見込めたらそれは立派なオウンドメディアの成功と言えます。(反対に炎上には細心の注意が必要ですが)

③モチベーションや質を維持できる体制で常にアクティブにする
執筆者や、編集者が常に熱意ある状態で、定期的にオウンドメディア内に最新のコンテンツがあるのが理想です。また、コンテンツの質(記事のライティングや、編集)の向上についても意識し、常に磨いていくことでメディアが育ちます。魅力的なオウンドメディアは来訪者の滞留時間も長くなります。

以上の3つのポイントを押さえて運用できた際には、オウンドメディアを開設した意義も非常にあると言えるでしょう。

Ce476c62bdbe937fc258f17789092280d2959e57

課題とその解決策

オウンドメディアを上手に運用したい!場合に、課題として出てくることが想定されることと、それをどのように乗り越えていくか?という例をいくつかご紹介します。

・モチベーションを維持するのが難しい
→このような場合の為に体制を整えるべきです。ネタの企画、数字の振り返りをライター個人に依存せず、チームで定期的に共有すると程よい外部からの刺激となります。

・担当者の時間的リソースの確保が難しい
→これは全くリソースが割けない場合をのぞき、担当者の効率をあげるか、担当制にしてコンテンツ作成を分担するという策があります。手が空いた時間に更新するという方法は、後回しになりがちなのでおすすめしません。あらかじめスケジュール化しておくことをおすすめします。

・記事のネタに困る
→ネタの収集、企画こそチームの協力が活きる場面です。チーム内から募集する、人気の記事を膨らませる・・・など常に数本ストックできるのが理想です。これもスケジュール化しても良いでしょう。

・ライターの質をあげたい
→これは記事となる話題に対しての理解、意見を育てる方法と、理想とするライターの記事の写経(文章を写すことによる練習)でその組み立て方を真似る方法があります。
また、外部に委託する場合はまた別の課題が出てくるかと思いますが、一番はライティングの数をこなすことです。

・アクセスを増やしたい
→検索に表示される順位を上げたいのか、露出する媒体を増やしたいのかによって解決方法は異なります。十分にコンテンツが充足している場合には、そういった方法が功を奏しますが、立ち上げ初期では圧倒的にコンテンツ数が足りていない場合が多いです。

上手に育てて収穫しよう

オウンドメディアを育てる目的は収穫です。と、いうとPRのサービスサイトとの区別がつきにくくなってしまいますが、“最終的に”はお問合せに繋がることを見据えて運用をするということです。
オウンドメディアは潜在顧客の顕在化のひとつの手段です。問い合わせに繋がるパターンにはどんな導線があるのかを試す良い場です。沢山の入り口を用意して、実りあるメディアにしてください。

874887bbf74f00722d29169e14c06a9fafb9cb41

最後に

3部作にまとめました「初めてのオウンドメディアシリーズ」いかがでしたでしょうか?

これまでこういったメディア運営に携わっていなかったご担当者様や管理者様にとっては未知の領域が故に、懐疑的になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、近年BtoCのみならず、オンライン化が進み、情報収集や比較検討フェーズに「オンライン上の情報の充実」が不可欠となってきています。また、そういったオンライン市場のセールス、マーケティングの充実により、より一層「潜在顧客の顕在化」「顕在顧客の育成」を考えていく必要があります。

弊社もゼロからオウンドメディアを構築した上でのセールス、マーケティングに向き合ってきた実績から「初めてでもわかりやすく、運用がしやすいオウンドメディア」という観点で発信を続けています。
また、弊社独自のセールスメソッドを応用して、オウンドメディアを次世代のセールスに活用するご提案をしています。

「簡単に」かつ「何か新しい手法」でのオウンドメディアを作りたいといったご要望でしたら、是非こちらの記事を作成している“オンラインプラットフォーム:オムニアテンド”をお勧めいたします。