『ライブセミナーとは~今更聞けない基本編~』

ライブセミナーとは何か?まとめました。

*インターネット上でライブで視聴するセミナーや、Web上で行うセミナーや講演会、研修を指す新しい形のセミナーです。

*Webセミナーやインターネットセミナー、オンラインセミナーなどと呼ばれています。ちなみにウェビナーも同じことを指します。※ウェビナー→「Web」+「Seminar」

背景

スマートフォンやタブレット端末の普及が進み、誰もが簡単にWeb上の動画にアクセスし視聴する環境が整ってきたことが挙げられます。この流れをビジネス上でも活用しない手はないと、ビジネスチャンスを広げるために、近年活用する企業が増えてきています。

具体的にどんなシーンで活用されているか?

・大人数での会議や情報共有
・新商品の説明、企業や学校の説明会
・地方への商談機会、製品説明
・オンラインサロン上でのセミナーetc

会場型とライブセミナーの違い

参加者が開催場所に足を運ぶ会場型のセミナーとは異なり、ライブセミナーは場所の制約がありません。ライブセミナーはより広い範囲、数に向けて開催することが可能です。(交通混雑、悪天候も考慮する必要がありません)

セミナー主催側のメリット
・コスト、時間、手間を省くことができます。
・準備物が少なくて済みます。
 会場→予約必要なし。オンライン。
 資料→印刷不要。最新情報を使用できる。
・遠方でも参加可能なため、これまで参加が困難だったエリアへも告知することができる。

セミナー参加側のメリット
・場所問わず参加可能です。(最近注目のテレワークにももちろん活用したいものです。)
・移動時間等のリソースが不要です。(出張申請が不要になれば経理の方も楽です。)
・チャット機能がある場合、その場で質問等ができ、すぐ解決してもらえる利点があります。
・LIVEの臨場感があります。

※ちなみにオンデマンド配信とは・・・
ライブセミナーをそのまま録画するなど、ビデオコンテンツとして配信する形式。
これは当日欠席した受講者へのフォローにも活用することができ、長期的に視聴してもらいたい場合に効果的です。

A0e2855fd6bb1d9096fb065d3ec5911d47117e52

『すぐに取り入れられない理由』

前章にて「ライブセミナーとは何か」おおよそ把握でき、会場型セミナーとも、オンデマンド配信とも違ったメリットを知っていただけたかと思います。

実は以前から注目していて興味はあった、取り入れたいと感じている方も多いかと思いますが、実際に開催するまでに至らないという段階の方も多いのも事実です。

それには以下のような不安があるようです。
・リアルタイムゆえの失敗ができないという不安がある。
・カメラ等の準備物がわからない。
・配信できる環境か?不安。
・どの媒体を使えば良いか?わからない。
・どんな準備が必要か?わからない。

ライブセミナーとは何かがわかったとしても、色々な媒体からの広告により手段が何があるのか分かったとしても。実際にやるとなるとわからないことだらけのようです。

全体象と手段の間の部分が埋められず止まっている・・・としたら大変もったいない時間です。次章にまとめた、具体的に何をしたら良いのかをご参考にしていただき、少しでも早く動き出すきっかけになれましたら幸いです。

161f117dd614385943bad7b7fde895a7bf34e155

『ライブセミナーとは~すぐ使える応用編~』

では早速ライブセミナーのやり方です。

まずライブセミナーで何がしたいかを考えます。

例えば・・
*『どこでも見ることができ、チャット機能によりリアルタイムで疑問解決も可能』なことから→地方の新規開拓の為のサービス説明セミナー開催
*『大人数が入ることが難しい場所からも開催可能』なことを活かし→大人数の立ち入りが難しい工場や研究設備等からの開催、小さな会議室からキャパ以上の大人数への開催
*『移動の時間が不要』という点から→早朝や夕方の開催をして競合や他の用事に左右されない時間で多くの参加を狙う

媒体の用意をします。

例えば、弊社でご用意している『オムニアテンドforBiz』ですが、こちらはライブセミナーができ、チャット機能もあります。また参加者を管理するための受付機能も同媒体にて可能です。アンケート機能もあります。
始めてライブセミナーを行う場合、ただ動画を配信するだけではない、BtoBライブセミナーに適した媒体の利用をおすすめします。

準備をします。

主に必要なものは→物理的にはカメラ、マイク、ネット環境です。またリソースとして→セミナー内容と人員といったところです。

それぞれに注意ポイントをあげます。

・カメラ→PC内蔵のもので足りる場合もありますが、別途用意をお勧めします。画質、音声が良いほうが視聴者の離脱が少ないです。
・マイク→こちらもPCやヘッドセットで足りるかもしれませんが、ちなみに弊社では音声を拾うことに強いカメラで撮影しています。また、周囲の環境の音等でどう聞こえるかはテストすることが必須です。
・ネット環境→こちらも配信前にテストをしたほうが良いでしょう。このあたりを苦手意識に感じてしまう方も多いかと思いますが、得意部署や媒体提供元に問い合わせると何とかなるものです。
・エンコード ソフトウェア→これを使用することにより、パソコン、カメラ、マイクなどのコンテンツをキャプチャしてすべての視聴者に向けて配信します。
・セミナー内容→通常の会場型と同様で良いかとお思います。むしろこれまで大人数の前が苦手だった方はやりやすくなるかもしれません。
・開催時のスタッフ→会場型セミナーと同時に配信する場合とは違うかと思いますが、通常は講師、カメラ、チャット確認要員、アシスタント等がいれば安心して開催できるかと思います。(もちろん一人で全てこなしても、それ以上の人数がいても良いです。)

告知をして開催をします。
※ここに告知コンテンツと、参加者管理とアンケート機能が一緒だと便利です。

書いてみると簡単に言いすぎに思えるかもしれませんが、実は「やり方がわからない」という時点で止まっている時間の方が長いように思います。
「ライブセミナーとは」効果や全体を知ることよりも、実際にトライしていく中で技術も環境もどこに磨きをかけるべきか見えてくるものです。

9dab93633593da0a63364151d120f64c8a3a58bc

■まとめ■
ライブセミナーは可能性を秘めた新しい形のセミナーです。今後いつかこれがあたり前になる時代が来る、その前に少しでも早く取り組みたいご担当者様。是非ご相談ください。

◆実際のライブセミナーを見てみたい
→6/14(木)13:00〜13:30にて、弊社代表の新井が
インサイドセールスを内製化させたい企業様向けに
具体的なスタッフのスキルの磨き方をお伝えします。
詳細・お申込みはこちら

◆自社でもライブセミナーを開きたい
BtoB企業に特化したオンラインイベントプラットフォーム
オムニアテンドを活用してみませんか?
オムニアテンド詳細はこちら

記事について・サービスについてのお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

お問い合わせはこちらから